製品一覧

クリアリーダープラス

音声式の視覚障害者用拡大読書器です。

カメラを引き上げて、本体前のA4の範囲内に現行をセットしてスキャンボタンを押すだけで、書類を撮影・分析して音声で内容を読上げます。

カメラ・本体・操作部・スピーカーが一体で設置が簡単です。

バッテリーを内蔵していますので、ACケーブルを外して移動して利用することができます。

基本セット 日常生活用具候補品 198,000円(非課税)

※別途モニター付セットなどがあります

※音声型が認められていない自治体があります。また別途モニターが必須の場合があります。 また据置型や携帯型の拡大読書器とは同品目となりますので多重申請はできません。

日常生活用具・視覚障害者用拡大読書器(音声型)として申請する場合、 多くの自治体で視覚障害等級は関係がなく、耐用年数8年になっています。

全額公費または1割19,800円の自己負担となります。

直送または道央圏お届けの場合は送料無料となります。

2019年05月23日

プレクストークPTR3

デイジー図書CDや音楽CDを聞いたり、内蔵メモリーやSDカード、USBメモリーにマイクやラインインから録音ができます。Wi-Fiや有線LANに接続することで直接サピエに接続して、録音図書を試聴やダウンロードすることができます。別売オプション(税別16,000円)でラジコ(ラジコプレミアム対応)やポッドキャストにも対応可能です。


※デイジー図書とは=全国の点字図書館で貸し出されている録音図書やコープさっぽろの宅配システム「トドック」の音声カタログとして採用されている音声図書規格で、一般的なCDラジカセではページ機能など図書機能を利用することができないので、専用機器が必要となります。

日常生活用具候補品 85,000円(非課税)

※自治体によっては89,800円になります。

日常生活用具・視覚障害者用ポータブルレコーダー(録音再生機)として申請する場合、

多くの自治体で視覚障害等級1・2級が適用、耐用年数5年から6年になっています。

全額公費または1割8,500円(自治体によっては8,980円)の自己負担となります。

直送または道央圏お届けの場合は送料無料となります。

2019年05月23日