ブログ一覧

ブログ始めました

当協会が係るイベントや展示会、日常生活用具の情報などを掲載していきます。

2019年06月01日

日常生活用具給付制度について

視覚障害者手帳をお持ちの方に対して、日常生活において便利に使うことができる用具購入の助成が各自治体において制定されています。
生活状況(主に道・市民税の免除)によって基準額の1割負担もしくは全額公費負担がきまります。(大幅な収入がある場合該当にならない事があります)

各自治体で項目・基準額が異なりますが、主な日常生活用具としては

・視覚障害者用ポータブルレコーダー(プレクストークなど)
・視覚障害者用拡大読書器(据置型・携帯型・音声型)
・盲人用時計(触針式・音声式・振動式)
・情報通信支援用具(一般にPC音声化ソフト等のPC本体以外の専用ソフトウエア)
・点字ディスプレイ(盲聾者のみの自治体も多い)
・盲人用音声式体温計
・盲人用体重計
・電磁調理器(いわゆるIHクッキングヒーター)
・音声ICタグレコーダー(Gトーク5など。新しく、制定されていない自治体多い)
・盲人用血圧計(制定されていない自治体が多い)
・視覚障害者用ラジオ(制定されていない自治体が多い)
・音声色彩識別装置(制定されていない自治体が多い)
など
(ほかに点字タイプライターや点字器、歩行時間延長装置などあります)

上記、拡大読書器以外は視覚障害等級1・2級の方が対象となります。(点字ディスプレイは江別市・苫小牧市は1級)
また、体温計・体重計・電磁調理器は 晴眼者家族と同居の場合出ない自治体が多いです。

【申請の流れ】
1)デモンストレーションやカタログで商品を確認
2)見積書とカタログを道視連に請求
3)上記が郵送で届いたら、お住まいの市役所・町役場(札幌市の場合は区役所)の障がい福祉担当宛に日常生活用具の申請をする
※障害者手帳必要。印鑑が必要な場合もあります。本人以外行く場合は委任状が必要な場合あります。
4)給付決定すると、郵送で給付券と決定書が郵送される
5)同時に道視連にも決定書が届くので、メーカーに発注する
6)商品が入荷されると、道視連から電話連絡で納品日きめます
7)納品。給付券回収と、差額自己負担がある場合は現金領収します。

納品は、現状 原則 道央圏に限らさせていただいております。
北海道ほかの地域に関しましては 相談の上 郵送対応できる場合があります。

2019年06月07日

【室蘭】ITサポート講習・日常生活用具展示会 開催のお知らせ

 道視連では今年度よりITサポートセンター事業を開始しました。
ITサポートセンターは、パソコンや携帯電話、音声や文字情報を送受信する機器についての情報発信をすると共に、皆様が日頃使用されている機器や用具についてのお困りごとの相談先です。
 当日は日常生活用具の品目と申請方法などの説明や、機器の展示等を行います。
今回は室蘭視力障害者福祉協会からの依頼により開催致します。
会員ばかりではなく、近隣地域にお住いの方もご参加をお待ちしております。

日時: 6月30日(日)13時から15時30分
場所: 室蘭市総合福祉センター
住所: 北海道室蘭市東町2丁目1-6
対象者: 視覚に障害をお持ちの方やご家族・関係者の方
申し込み・お問い合わせ: 道視連事務局 柴田裕里・伊藤卓也
電話番号: 011-271-0380

2019年06月07日

7月の道視連新聞

柴田 裕里

 道視連では2か月に1度、道視連の活動や行事、視覚障害に関するコラム等を紹介する「道視連新聞」を発行しています。

 7月号には、私が先月参加させていただきました、滝上町でのバリアフリーモニター現地検証事業について掲載予定です。
この事業は、ご高齢の方、障害のある方、外国から来られた方など、観光地を訪れる様々な方が楽しく観光できるよう、施設設備のバリアフリー状況や、人的なサポートについて現地で当事者がモニターとして実際に体験し、気づきや意見などをお伝えする事業です。
記事では滝上町のおすすめスポットや、観光のサポートをしてくださる観光介助士という資格の認定講座の模様についてお届けします。
 北海道新聞、5月29日朝刊にも「<オホーツクREPORT>芝ざくら滝上公園 高齢者らにより優しく 坂道にEV試験導入 障害者招きモニターツアー」という見出しで、この事業の様子が取り上げられました。

道視連新聞、次回の発行は7月20日です。
ぜひお楽しみに。

2019年06月14日

7月8日月曜拡大読書機・オーカム・その他読み上げ機器の展示体験会を開催します。

前回のカメラ式読み上げ機器に続き、緊急開催 第2弾!
システムギアビジョン(旧タイムズコーポレーション)の山口様を迎え 拡大読書機・オーカム・その他読み上げ機器の展示体験会を開催いたします。
今回は仕事帰りの方も立ち寄れる開催時間にしました。

日程 7月8日(月曜日)
時間 14時から19時
場所 札幌市視聴覚障がい者情報センター 2階大会議室
主催 道視連(どうしれん)
費用 無料

お問い合わせは道視連 伊藤・柴田まで。
※情報センターのイベントではございませんのでご注意ください。

▼どうしれん(道視連) 連絡先
電話 011-271-0380
担当 伊藤・柴田

お申し込みは不要です。
連絡をいただければ全体の把握に助かります。

話題の「AI視覚支援デバイス オーカム」 をはじめ
展示機器は各種1台ずつです。
混雑が予想されますが、スタッフ不足のため説明までにお時間をいただく場合があります。
イスとテーブルはご用意いたしますのでお待ちください。

以下、展示機器の説明です。

拡大読書機が大型から小型まで、最新機器が6台。
見え方や、用途に合ったものを比較体験できると思います。
印刷物、雑誌やちらし、写真等を持参して見てみるのもいいと思います。

個人的注目はスマホのようにピンチイン、アウトで拡大縮小ができるコンパクト6。
画質もとても綺麗という噂です。
ゴーグルのように付けられる別売りのアダプターも開発中だとか?

そして話題の 「AI視覚支援機器 オーカム マイアイ2」。
メガねのツルに取り付けて使う、100円ライター程度の機器です。
指で指し示したところに書かれている文字を認識して読み上げます。
顔認識機能により、登録した人を認識すると教えてくれます。
時刻を教えてくれたりもします。

ほかにも

色を判別するカラリーノや、お札を識別する機器
前回の体験会でご紹介したカメラ式読書機のクリアリーダープラス。
音声方位磁石や、おなじみのタッチボイス。

ひとつのメーカーだけの展示体験会です。
手弁当のこじんまりとしたもので、不手際があるかもしれません。
でも、たくさんの方に知って、触れて、体験してもらいたいと思っています。
当事者以外の方、興味だけの方も大歓迎です。
まだ知らない、つながりのない、見えにくさを抱えている方に届けたい!
見える、見えないにかかわらず、気軽にご参加ください。

よろしくお願いいたします。

2019年07月03日

ITサポート講習・日常生活用具展示会(室蘭)開催報告

 6月30日(日)室蘭市障害者福祉総合センターにてITサポート講習・日常生活用具展示会を開催しました。
当日は雨で足元が悪い中、たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。
はじめに室蘭視力障害者福祉協会の柴田会長と道視連の島会長の挨拶があり、続いて室蘭市 保健福祉部 障害福祉課の方より、室蘭市の日常生活用具申請の流れや品目、対象者等についての説明をいただきました。
次に事務局よりITサポートセンターの概要、用具の申請項目と対象機器についての説明を行いました。その後、実際に参加者の方に各種読書器や音声時計、光量や色を音声で知らせてくれる機器など、多数の機器を体験していただきました。
参加者の方からスマートフォン利用についての質問もあり、画面に触れ操作する方法のイメージをお伝えすることもできました。
今回初めて機器の音声案内の内容を確かめられたという方や、読書器の使用感を体験できた方もいらっしゃり、機器について言葉による説明のみではなく、実際に触れていただくことができました。

 他地域でもITサポート講習や日常生活用具の展示会のご要望がありましたら、お電話にてご相談をお願い致します。
今後の予定としては、7月21日に千歳市で行われる視覚障がい者交流イベント内で開催を致します。
多数機器を取り扱う企業が出展致しますので、ぜひお誘いあわせの上ご参加をお待ちしております。
なお、会場は当日、複数の行事会場となっている関係上、混雑が予想されます。お申込みのご連絡をいただいた際に、当日の会場の状況についてお知らせさせていただきます。

イベント名:視覚障がい者交流イベント
日時:7月21日(日)13時30分~14時30分
場所:千歳市総合福祉センター
住所:千歳市東雲町2丁目34 4階402号室
参加費:無料 
参加申し込み・お問合せ:
道視連事務局 伊藤・柴田までお電話でお願い致します。
電話番号:011‐271‐0380

2019年07月11日

千歳市視覚障がい者交流イベント内で日常生活用具展示・ITサポートセンター説明実施

事務局 柴田 裕里

 7月21日日曜日に千歳市総合福祉センターにて行われた「視覚障がい者交流イベント」内で、日常生活用具の展示とITサポートセンター事業の概要説明を行いました。
お越しくださいました皆様、ありがとうございました。


最初に参加企業より本日展示の機器についての説明がありました。
午前中は北海道盲導犬協会の方より協会の説明、白杖や盲導犬による歩行、生活訓練についての講習、千歳市より障がい福祉制度についての説明がありました。
午後は盲導犬ユーザーの方の体験談、展示機器の体験、白杖・盲導犬歩行体験・相談、ITサポートセンター事業説明等がありました。


このイベントは視覚に障害があることにより生じる不便さや不自由さを少しでも解消していけるようにとの思いが込められたイベントでした。
今後も皆で情報交換をすることで、生活がしやすくなることを願います。

2019年07月24日