7月の道視連新聞

柴田 裕里

 道視連では2か月に1度、道視連の活動や行事、視覚障害に関するコラム等を紹介する「道視連新聞」を発行しています。

 7月号には、私が先月参加させていただきました、滝上町でのバリアフリーモニター現地検証事業について掲載予定です。
この事業は、ご高齢の方、障害のある方、外国から来られた方など、観光地を訪れる様々な方が楽しく観光できるよう、施設設備のバリアフリー状況や、人的なサポートについて現地で当事者がモニターとして実際に体験し、気づきや意見などをお伝えする事業です。
記事では滝上町のおすすめスポットや、観光のサポートをしてくださる観光介助士という資格の認定講座の模様についてお届けします。
 北海道新聞、5月29日朝刊にも「<オホーツクREPORT>芝ざくら滝上公園 高齢者らにより優しく 坂道にEV試験導入 障害者招きモニターツアー」という見出しで、この事業の様子が取り上げられました。

道視連新聞、次回の発行は7月20日です。
ぜひお楽しみに。

2019年06月14日